2007年6月11日 (月)

散髪後のビール

Dsc01564 6/10

またまたオマケグラスにつられてキリンのチルドビールセットを買ってしまう。今回は小さめのフルートグラス。しかしこの量がなかなかちょうどいい。

たまたまあった自家製カマンベールで至福のひと時・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

チャングム見ながら・・

Unicon_2 豚キムチとキルシュカシスって・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

日本シリーズにまつわるエトセトラ

Bu_3 今年はスポーツづいているのか分からないがテレビで野球観戦する機会が多い。

 子どものころは親父がビールを飲みながら観てるのを何が面白いのか分からず観たい番組が見れない不満でいっぱいだったのがこの年になってその良さが理解できるようになった気がする。ドラマやバラエティーなど他の番組がつまらなくなったのもあるし最近の野球は展開が予想できて見ていて分かりやすくなったのもあるかもしれない。

 そんなわけで今年は久しぶりに真剣に日本シリーズを観ているのだが思えばこういう気分も小学生のころの巨人-近鉄以来だ。あの当時も今も自分は野球ファンというわけではない。ただある話で近鉄は一度も日本一になっていないというのを知っていたせいかけっこう真剣に応援していた。まあ結局3連勝の後4連敗して優勝を逃してしまうのだが。

 当時相撲少年だった自分は稽古納めの席で友達と件の試合で盛り上がっていた。友達の大多数は巨人ファンだった。それから数年後高校生のときに柔道の練習中その年の巨人-西部の話で秋田は圧倒的に巨人ファンが多いことを知った。落合(当時選手)が巨人に移籍したのはその後だったかも知れないが複雑な心境だった。

 今年は昔からファンの中日と修行時代に縁のある北海道の日ハムなのでどっちが勝っても気分がいい。お互い一勝一敗。できればあのころのように7戦全部好試合で盛り上げて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

今夜のメニューは・・

Blogunicorn_1 ハモン・セラーノ(生ハム)とパルミジャーノ・レッジャーノのカルパッチョ。ビールはサントリーのプレミアムモルツ。

週末の夜いかがお過ごしでしょうか?

ついさっき知ったのですが

アルトサックス奏者のジャッキー・マクリーンが亡くなった(というか亡くなってたというのか)

らしいです。おそらく明日の新聞に載るとは思うのですがネットの掲示板は早いです。

ぼくがジャズを聴き始めたのは三年くらい前なのだけど何しろパーカーなどいわゆる「ジャズの巨人」と言われるものから聴いてきたのでそういう人たちの中でまだ生きている人がいると思うとなぜかワクワクしたものです。

まあジャズメンというものは比較的生涯現役という人が多いけどマクリーンもそういう人たちの一人です。つい最近まで息子と競演したりしてましたがだいたいこういう人のパターンとして体調不良からプレイに精彩がなくなって最後ひっそり亡くなるというケースが多いような気がします。

それこそマクリーンのプレイはちょっと前にネットの動画で見たことがあるけど掲示板なんかではなんか痛々しいまで酷評されていた印象があるなあ。やっぱり往年のプレイが評価されてる「巨人たち」ってごく少数なのかも。

ちょっと擁護させてもらうとぼくはマクリーンのアルトは好きです。スタンダードもたくさんやってくれたし偉大な巨人たちともよく絡んでいたのでジャズ聴きたての初心者にはホッとさせてくれたのを覚えています。軽いというかスカした感じのプレイなのですがそれがまたジャズっぽくそして批評家の逆鱗に触れてたのかな・・・とも。

それにしても

聴き足りないなあと思っていたジャズメンが死んでしまうのはやっぱり寂しいものがあります。かつてハービー・マンやエルビン・ジョーンズはたまたま聴いてたときに訃報が入ってきて悔しい思いをしたことがありますがこれはどういう心境なんでしょうねえ。当人の死に「いい演奏してたよねえ。好きだったになあ」としみじみ語りたいからなのでしょうかね。なんだか無責任ですか?。

こういうとき故人の出したアルバムをおもむろに聴くと言うのもあからさまですが今夜は「It’s Time」あたりをかけて寝ようかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月31日 (金)

本日開店

いらっしゃいませ。牧場直営バー「ユニコーン」へようこそ。Dsc00387_1

ここでは 最高のチーズと極上のお酒、タイムリーな一曲と共にマスターの居酒屋談議を展開していきます。

どうぞお付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)