2009年11月29日 (日)

ウオッカもさくらも

Dscn1027 けっこうスポーツに元気づけられていることって多いような気がする。

もちろん贔屓のチームやら人(もしくは馬)が負けるとヘコむのだがそれ以上に勝った瞬間を目撃するとわけもなく仕事のやる気が増したり夕食が旨くなったり・・日曜日は特にそう。

横峯さくらはともかくウオッカはずっと追いかけてた(POGで持ってたこともある)馬だけにやはり嬉しい。
ここ数年は競馬への興味が薄れてたがこの馬のレースだけはなぜかワクワクして見れた。何か起きそうな気がするし実際起きてた。

自信はもちろん周りにもドラマを引き起こす名馬に祝杯!!(ビールだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

昔よりつまらなくなったけど秋のGⅠシリーズはやはりワクワクする。

Bu なんといっても今年は飛び石連休みたいなことがない。毎週毎週GⅠがあるのだ。

とはいえディープのような名馬が出てきて今日秋華賞を勝ったカワカミプリンセスだって強いレースで期待感充分だったのに今の競馬に対してなんとなく斜に構えて見てしまうのはけっこうがっかりさせられた思い出が多いからかもしれない。

 馬券を買わない自分にとってはGⅠの週はスポーツ新聞とにらめっこしながらどの馬が勝つか想像を最大限膨らませてレースを見ていたのが最近はなんとなくそれがない。

 今週はそれに輪をかけてディープの年内引退の報でがっかりさせられてしまった。「残りのレース強い勝ち方をすれば気が変わってくれるかも」という武豊のコメントがせめてもの救いか。

 オースミダイドウはディープ以上の成績を残すことができるのだろうか。カワカミプリンセスはこの先どんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。そしてディープはどれだけの観客を競馬場に引き寄せてくれるのだろうか。こんな期待が自分に少しでもある限り日曜の午後3時はテレビの前に座ってしまう。

頼むぞキミたちの活躍が夕方の仕事に左右するのだ!!

秋華賞 終わってみれば オークス再現

| | コメント (0) | トラックバック (0)