« グルーヴィー ハイ | トップページ | ディス イズ プライヴェート ワイナリー »

2010年9月26日 (日)

自然派っていうか地酒でしょ?

Dscn15331 以前もここで書いたけど盛岡に年に一度くらいの頻度で立ち寄る酒屋がある。見た目はスーパーのようだが輸入食品の品ぞろえが豊富でハモン・イベリコの原木が置いてたり意外とマニアックな店。

ここまでは秋田市内でもわりとあるのだがお目当てはそこのワイン室にある自然派ワイン。最初はよく知らない産地の割にちょっと高いなあくらいの印象だったが試しに買って帰ったパタポンを飲んでカルチャーショックを受けてしまった。「美味い」・・というよりはどこか「気になる」味。

ラベルのフランス語を頼りに(どう読むか分からない)調べてみるとなかなかレアなワインだということに気づくのだが未だによく理解できてないのかもしれない。たぶんカリフォルニアの「カルトワイン」といわれるのと同じジャンルなのかも。

メゾン・ピエール・オヴァルノワ&エマニュエル・ウヨン プールサール アルヴォワ・ピュピヤン 2000

一見ロゼのようだけどれっきとした赤(なんだとか)。ひと口飲んだ印象はシェリーっぽい香りとラズベリーのような酸味。なんとなくそっけない感じだが酔いがまわるころにはいつまでも口に含んでいたいようなしみじみとした味わい。不思議だ。

半額もののルイ・ハーフ(これもこの店で購入)、一カ月冷蔵庫に置いてたがすっかり食べごろ。ブランデーの香りとよく合う・・けど手につくと匂いがとれないんだよなあ。

|

« グルーヴィー ハイ | トップページ | ディス イズ プライヴェート ワイナリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65359/49566192

この記事へのトラックバック一覧です: 自然派っていうか地酒でしょ?:

« グルーヴィー ハイ | トップページ | ディス イズ プライヴェート ワイナリー »