« 続’南アフリカワイン | トップページ | 訳ありづくし »

2010年6月 6日 (日)

ムルソー

Dscn13871 暑い中、仕事からあがってシャワーを浴びてビール・・じゃなくてキリッと冷やした白・・というのが楽しみな季節。夕方の仕事も意識的に早めに入ることになるがなかなか明るいうちに帰宅とはならないのが辛いところ。搾る頭数が多いのも考えもの・・というのは贅沢な悩みか。

今週はムルソー。ピュリニーやサシャーニュはちょっと高めだけどこのへんの村名だと手ごろな値段で極上のブル白が味わえる。

ドメーヌ・ミシェル・カイヨ AOCムルソー 2006

芳醇かつフルーティーさとエレガントさを兼ね備えた味わい。渋みは抑えめでふくよかな甘味が口の中に広がる。

それにしてもシャルドネって凄い品種だと思う。作り方によって端麗で渋みの利いたものからこういうハチミツを飲んでるような甘いものまでできる。

チーズは白カビでは一番好きな「パヴェダフィノア」。クリーミーなタイプはバゲでもレーズンなんかが入ったものが相性がいい。

|

« 続’南アフリカワイン | トップページ | 訳ありづくし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65359/48558288

この記事へのトラックバック一覧です: ムルソー:

« 続’南アフリカワイン | トップページ | 訳ありづくし »