« ムルソー | トップページ | 父の日にかこつけて・・ »

2010年6月13日 (日)

訳ありづくし

Dscn13961 今年に入って何回かセカンドワインなるものを飲んでいるが最近になってこういうものって何で出てくるんだろうと考えてみた。

一般的には製造工程で一級品の基準に満たないものを格落ちとして商品にしているとは言われているがもうひとつ理由があるような気がする。

それは価格の暴落を防ぐために出荷量を調整しているのではないか・・ということ。つまり余りもの。あくまで憶測だけどこっちを信じてた方が幸せかも・・もちろん高級ワインへの入り口としてはもってこいだし大歓迎。

アルマヴィヴァ エプ” 2008 バロン・フィリップ・ド・ロートシルト&コンチャ・イ・トロ元詰

いかにもチリの赤といった感じの凝縮された果実実と香り。まるで生き血を飲んでる様な生々しさも酸味と渋みのバランスが良いせいか飲みやすい。

そしてこれまた訳ありのモッツアレラの生ハムとルッコラ添え。とある理由で大量の牛乳を処理しなければならず急きょ自家製チーズに加工することに。

塩水に漬けておいたモッツアレラをスライスしカンパーニュにのせてトースターへ。軽くとろけたところにプロシュートルッコラ(畑でちょっと間引いてきた)をのせてオリーブオイルをかけるだけ。

出来たてフレッシュなうちに食べるのもいいがこの食べ方がモッツアレラのモチモチ感を味わううえで一番ベストだと思う。

|

« ムルソー | トップページ | 父の日にかこつけて・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65359/48618053

この記事へのトラックバック一覧です: 訳ありづくし:

« ムルソー | トップページ | 父の日にかこつけて・・ »