« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ボルシチ定食

ボルシチ定食
昨日作ってて思った。

どうも色合いが地味。
レシピに載ってる写真のあの鮮やかな赤紫色ってビーツから染みだしてるのではないだろうか。

芯の白い赤カブではどうがんばってもトマト色には勝てないわけだ。もしかしたらキャベツも紫のを使ってるのかも。

かといってそういう野菜を今年植えるかは考えどころ。意外に料理の使い道が狭いんだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

モンローズのセカンド

モンローズのセカンド
ボルシチに挑戦。昨日のウォッカはその伏線だった。

牛のスネ肉はあらかじめ圧力鍋で煮ておく。
ワインを加えグツグツ・・シューーー

ラダム・ド・モンローズ 1998

ついでに一口味見。酸と渋みのバランスがとれた典型的なベリー系の果実味。
そしてなにより香りが素晴らしい。部屋中に「バラ」の香り。春が来たかのよう。

牛の煮込み料理で良い赤ワインを使うのは鉄則・・というか飲みたいだけか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

いまさらながら。

いまさらながら。
下巻の前半で止まってた「ミレニアム」を半年ぶりに開く。なんだかその間に映画化されちゃったけど。

うーん。リスベット萌えー〜。最強のツンデレキャラというのも分かる。

寒いところの小説というところでウォッカ「アブソルヴェント」。ほのかに甘い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

はじゃのつるぎ

はじゃのつるぎ
あまりに冷え込むので情熱の国へ逃避行・・ということでスペインワイン。

コンダード・デ・アサ クリアンサ 2006

以前飲んだ「Granja」と同じ作り手。 飲みやすいが深い。深いが飲みやすい。
熱々のスペイン風オムレツにワインが進む進む・・

スペインの山羊乳チーズ「クラード」もシェーブルとは思えないほどのまろやかな味わい。 程よい渋みとチョコレートのような香りによく合う。もう少し開かせてから飲みたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

ガルビュール生活

ガルビュール生活
久しぶりにバゲットを焼いたらかなり良い出来。

昨日仕込んだガルビュール(豆とハムの塊を野菜と一緒に煮込んだフランスのスープ)と一緒に。

煮詰まって昨日よりコクも旨味も増している。鍋底が少し焦げついて香ばしくなってるのもまた味わい。明日が楽しみ。

ビールはエビスの長期熟成。よく合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

Duluc よ❤

Duluc よ〓
福袋二本目はサンジュリアンの格付け4級(のセカンド)。

デュリュック ド ブラネール デュクリュ 2004

強烈な渋味と深いコクだが香りはやや物足りない。まるで凍土。

一口目で感じたまっすぐでちょっとスモーキーな杉の香りもふた口目からはなんだか色あせている。これもヴィンテージの力かそれともセカンドの限界?

これくらいが料理との相性もいいのかもしれないけど。特にコッてり煮込み料理とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

Surf & Snow

Surf & Snow
今週も地元道場に顔を出そうと思ったらこの吹雪で断念。おとなしく家で一杯やって寝ることにする。

バランタインの飲みかけがあったが食卓に生牡蛎が登ったのでボウモアのサーフを開ける。
シングルモルトはスモーキー系とアロマ系両方常備しとくにこしたことはない。

ハタハタ寿司もあったけどこっちはウォッカかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

福袋を開ける。

福袋を開ける。
年末に取り寄せた「ボルドー有名シャトー・セカンド・ワイン6本セット」を開ける。
セカンドとはレギュラー商品よりちょっと「お買い得」価格のワイン。格は落ちるけど掘り出し物も多い。
何が入っているかは開けてからのお楽しみの福袋6本セット。

ボルドーのクラッセを期待してたが(たぶん)マルキド・カロンだけ。あとは右岸地域やサンジュリアンなどもともと穴場だったりややマイナーな地区。

始めに手をつけた一本はポムロール。
「エスプリ・ド・レグリース2000」

開けた瞬間にこれぞメルローという鮮烈な香り。味わいもフレッシュで大当たり!!これはヴィンテージの勝利か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

ギャッツビーつけてかっこつけて

ギャッツビーつけてかっこつけて
地元道場の初稽古に出てひとっ風呂浴びてバランタインで一杯。こういうの久しぶり。

キース・ジャレットの「残氓」をBGMに読むのは村上春樹訳の「グレート・ギャッツビー」。初めて読んだのは大学生のころだけど今読んでもなかなか鋭いとこ突いてると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

タンタ♪タ〜ン♪タランララ〜ン

タンタ♪タ〜ン♪タランララ〜ン
やっぱり箱根中継を観てると飲みたくなる。

風呂に入る前に雪に埋めて冷やしたエビスは冬ならではの旨さ!!

正月らしく肴は全体的に「和」のテイスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

キッチンドランク

キッチンドランク
正月恒例の特製ラザニア。

箱根を観ながらミートソースの仕込み。焼き目をつけた挽き肉を投入してそこにバタジオーロのバローロをワイングラス一杯・・と思いきや半分試飲。

透明感のある果実味に力強い渋み。鍋に注いだ瞬間に華やかな香りが部屋中に拡がる。ああ・・贅沢だあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

お屠蘇

Dsc03398 初詣に出かけるため大みそかは呑まなかった。

・・で帰ってきてティラミスとソーテルヌ。これが今年初めて飲む酒。

ティラミスは自家製クリームチーズで作ったが卵白が泡立たず結局冷凍庫で凍らせてごまかしてみたり・・結構いける。

エスプレッソがキツめのかなり大人の仕上がりなのでソーテルヌとも合う。深夜にひっそり食べるにはいいかもしれない。

シャトー・ドワジー・ヴェドリーヌ ソーテルヌ 2003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »