« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

ウオッカもさくらも

Dscn1027 けっこうスポーツに元気づけられていることって多いような気がする。

もちろん贔屓のチームやら人(もしくは馬)が負けるとヘコむのだがそれ以上に勝った瞬間を目撃するとわけもなく仕事のやる気が増したり夕食が旨くなったり・・日曜日は特にそう。

横峯さくらはともかくウオッカはずっと追いかけてた(POGで持ってたこともある)馬だけにやはり嬉しい。
ここ数年は競馬への興味が薄れてたがこの馬のレースだけはなぜかワクワクして見れた。何か起きそうな気がするし実際起きてた。

自信はもちろん周りにもドラマを引き起こす名馬に祝杯!!(ビールだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビアンコ

Dscn10261_3
グラナダの社長からもらったワイン、二本目。

トッレ・ガイア オッペラ サンニオ・ファランギーナ 2007 (カンパーニャ)

ファランジーナは南イタリアの土着品種。以前飲んで魚介との相性がよかったのでボンゴレ・ビアンコに。
ニンニクとアンチョビ、鷹の爪をオリーブオイルで炒めアサリを投入。飲みかけのワインで酒蒸し。

こういうのって料理しながら飲むのが一番旨い。フルーティでなおかつ力強いコク。アサリの旨味もよく出てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

SNACK & CHOCORATE

SNACK & CHOCORATE
久々にマッカランを飲む。
つまみはロイズのポテトチップスチョコレート

ジャガイモの風味がちゃんと残っていてほのかな塩味がまたいい。

単なるキワモノにとどまらないところはさすがロイズ。

が・・相当なカロリーだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

ブラン&ブラン

Dscn10192_2 冷蔵庫で眠ってた3本セットのボルドー白のうちの最後の一本。

番良さそうだった グラーブを開ける・・がこれがなかなか気難しい。

サンサシオン・デュ・シャトー・グラン・ブールデュー’05

冷やしすぎると水みたいだしいくらか開いてくるとコクと渋みが合わせる料理をことごとく拒む。

結局魚介類は軒並みアウト。最初は合うかと思った蛸の刺身もふた口目からは後味最悪・・

結局相性が良かったのは雪印のカマンベール・クリームリッチ(ブリーを名乗らないところがいい)とポテトチップスのうす塩。

ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンのセパージュは個人的に期待じゃないのだが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

ちーざ

ちーざ
ボジョレーはボジョレーで昨日充分楽しんだのだが(こちら→)某漫画雑誌の某ワイン漫画で絶賛していた「チーザ」が無性にに食べたくなってわざわざローソンへ。

ヌーボーに手が出そうになったが明日は土曜日。ワイン3連チャンは避ける。

最近ゴルゴンゾーラが出たらしくこれがなかなか味わい深い。

でもチェダーもカマンベールもゴルゴンゾーラも皿に開けると見分けがつかない・・これってどうなの?

まあ、見た目にこだわらない分本格的な味(つまりチーズの分量)になったということか。これはあっぱれ。

貰い物のグレンキンチー・・・最後まで好きになれなかったな・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

肉食系

肉食系
先日、牧場を訪れた(株)グラナダの社長から南イタリアのワインが3本送られてきた。

その内の一本を開ける。
Tancrdi 2004

南イタリアと言えばタウラージ。たぶんそれに匹敵する本格派赤(だと思う。飲んだ時ないので・・)。
ナポリ風にトマトソースの煮込みハンバーグと。

一口飲んだら樽の香り、酸味、渋味がとにかく重厚。
やや早飲み系の感もあるが肉汁との相性抜群!!
料理に使ってもかなりいける。さすが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

新酒と乾燥ポルチーニ

Dsc03346 イタリアの新酒「ノヴェッロ」を解禁一日遅れで楽しむ。今年はかなりフルーティー・・でもここ数年こんな感じ。温暖化の影響なのかやや複雑な気分。

ノヴェッロに合わせてポルチーニ茸のリゾットを。香りはいいのだが米にやや芯が残りすぎてしまった。牛乳で炊くのはやはり難しい。日本の米だったのも・・

ボッラ・ノヴェッロ 09’

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

とりあえず出してみる

Dsc03344

東京から(株)グラナダの社長がシェフ数名を連れて来訪。

というのも県の企画で北秋田の名物を生み出そうというプロジェクト。東京の飲食店関係者が市内あちこちを回りこだわりの食材を探しだすというもの。一週間前に突然うちにもオファーが来た。

自家製モッツアレラを頼まれたので我が家十八番の「生ハムとルッコラのピッツア」にして出す。

実は前日に親父が作ったのだが出来はイマイチ。伸びないボロボロ・・でも加熱すると柔らかくなって食べれないことはない。ならばピッツアでと試してみた。反応は上々・・だったと思う。

結局、モッツアレラではなくブラウンの雄二頭(生まれたらだけど)、商談成立。四か月哺乳して「ホワイトビーフ」するのが条件だとか。

いつかメニューにのぼるかも
銀座 イゾラ・ブル

http://www.isola.st/blu/
ワインも用意してたけどこっちは飲まなかったので夕食に・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »