« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

ワインを飲みながらの料理なら?

不揃いのサイコロたち
ワインを使う料理って飲みながら楽しめる醍醐味があると思う。高いワインだともったいないけどステーキのソースならおもむろにグラスからチョロっと加えるだけで香りが部屋中に広がる。こういうときは換気扇をOFFにしたい。

今週はおなじみチーズショップアベのマスターがイチ押しのカリフォルニアワイン

「Calistoga Estate 2005」(カリストーガ・エステート)のメルロー。

フライパンを転がるサイコロステーキを眺めながら至福のひととき。

赤身でジューシーなステーキには渋みの効いたのよりはこういうコクのある赤が合うかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

「ミシェル・マニャン」と読みます。

我が家のワインセラー
うちには温度のあまり下がらない中古の冷蔵庫が一台ある。
冷凍室も凍るまでいかないので夏場は買ってきたワインやらチーズやらを保存しておくのだが冬になると調子を取り戻すのか生ハムなんかは凍りはじめてしまう。

今週はブルゴーニュの白「Michel・Magnien 2006 Chardonnay」。チーズは室温に戻しておけばよかったかな。
こういうキリっと冷えた白は季節的にはもう終わりかも知れないが熱々の魚介系鍋といっしょに飲むのもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

青くないブルーチーズ「ペルシェ・ド・ティニュ」

Blue in not (Im) Blue!
前々から思ってたがフランスのチーズって時々どう考えても酔って舌が軽く麻痺してないと普通に味わえないのではないかというものがある。シェーブル系(山羊乳)しかりウォッシュでも強烈なものがけっこうある。
あとブルーチーズとジャムの組み合わせとか。

・・で・・
今週は秋田市川反「チーズショップアベ」マスターお薦めのブルゴーニュ赤「ドメーヌ・コワイヨ2006」と青くないブルーチーズ「ペルシェ・ド・ティニュ」。

呑み始めはチグハグしてたそれぞれが酔いが廻る頃には渾然一体!。
この日記書いてる時点ですでに完全にジャンキー状態!!

・・大丈夫か?フランス人・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

イタリアの新酒ノヴェッロとポルチーニのリゾット

米の食べ方として・・
米の食べ方としてリゾットというのは結構好きだったりする。ご飯も硬めに炊いたのが好きだし。噛み締めるたびに味わえる食感と旨みは炊きたてツヤツヤにはない魅力がある。

今週は6日に解禁になったイタリアの新酒「ヴィーノ・ノヴェッロ」とポルチーニのリゾット。
戻した乾燥ポルチーニをバターで炒め、ポルチーニの出汁と牛乳・生クリームで炊いたリゾットに散らす。味付けは岩塩とパルメジャーノ。シンプルなだけにポルチーニの香りもひきたつ。
来年は是非冷凍ものを手に入れたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

蠣好きの不覚

蠣好きの不覚
カリフォルニアワイン三週目はモンダヴィのシャルドネ2005。
香りもコクもパワフル。なのにゴリゴリ大吟醸なブルゴーニュの白より飲みやすい。

実は昼間スーパーで岩蠣が安かったので買おうか迷ったけど魚介と合うか不安だったので断念
・・がこれはかなり合ってたかも。ちょっと後悔。

代わりに冷蔵庫で眠ってた(いつ買ったんだっけ?)ハモン・セラーノを出してきた。これはこれでおいしかった。若干くせはあるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »