« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月26日 (日)

祝杯 Part2

祝杯 Part2
今年も残すところはや二ヶ月あまり。なんだかこの半年は3倍速で動いていた気がする・・

今週はカリフォルニアの赤ワイン。ロバート・モンダヴィのカベルネ・ソーヴィニヨン2005。いつも飲んでるのよりちょっとだけ高めだけどエクセレント獲得やら共進会での入賞やらまとめて祝杯。

いいときも悪いときも人生を楽しみたいと最近つくづく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブラン
去年妹が北米を旅行したときのお土産とヴィンテージ違い。
ロバート・モンダヴィワイナリーではないけど同社から出てるだけあって旨い。

カリフォルニアって大抵の品種は作ってるイメージがあるけどソーヴィニヨン・ブランはややレアなイメージ。・・っていうかこれしか飲んだ時ない。シャルドネとリースリングの中間くらいかな。ついつい飲みすぎてしまう。

サーモンの入ったクリームチーズがなかなか合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

しみ滋味

しみ滋味
聞くところによるとシャブリは二種類あってひとつはフルーティーでキリッとした酸味のもの、もうひとつはミネラル豊富でジワっと渋みのあるもの、味分けかたは魚介との相性。
前者はすでに経験済み。ブリ(シャブリだけに?)の刺身を食べたあとにひと口・・「!!!・・生臭っ」相性最悪。

・・で今回のはシャブリのグランクリュ(特級畑)。値段的には3000円代でお買い得な感じだけどどうも低い(安い)ランクのシャブリが魚介と相性がいいらしい。 しかしこれはひと口飲んだだけで分かった。間違いなく「後者」。

香りは爽やかだか口に含んだ瞬間に渋味、酸味がジワ〜〜と舌に染み込んでいく。風邪で弱った体には丁度いいかも・・
一緒に食べたサンマの刺身やスモークサーモンとの相性も良い。

ああぁこんなことなら蠣でも用意しとくんだった・・ 行きつけのチーズショップの店長おすすめのスペインのチーズ「マンチェゴ」も旨かったけど・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

謝肉祭

謝肉祭
今週はオーストラリアワインとステーキ。
実は月曜日にY印乳業と地元の店で食べているのだが何か物足りない。日本のステーキってなんであんなに薄っぺらで脂っ濃いんだろう。
牛肉はなんといっても赤身!やはり旨いステーキを食べたければ自分で肉を買ってきて焼くのが一番。

塩だけでミディアムレアに焼き上げた肉にステーキソース、バターを乗せて出来上がり。付け合わせもキノコのソテー、馬鈴薯(インカのめざめ)をたっぷりと。
うん!やっぱり肉料理にはカベルネ・ソーヴィニヨンが合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »