« シャンソンほどブームという言葉が似合わないものはない。 | トップページ | ピノ・ノワールとタレッジオ »

2006年10月22日 (日)

日本シリーズにまつわるエトセトラ

Bu_3 今年はスポーツづいているのか分からないがテレビで野球観戦する機会が多い。

 子どものころは親父がビールを飲みながら観てるのを何が面白いのか分からず観たい番組が見れない不満でいっぱいだったのがこの年になってその良さが理解できるようになった気がする。ドラマやバラエティーなど他の番組がつまらなくなったのもあるし最近の野球は展開が予想できて見ていて分かりやすくなったのもあるかもしれない。

 そんなわけで今年は久しぶりに真剣に日本シリーズを観ているのだが思えばこういう気分も小学生のころの巨人-近鉄以来だ。あの当時も今も自分は野球ファンというわけではない。ただある話で近鉄は一度も日本一になっていないというのを知っていたせいかけっこう真剣に応援していた。まあ結局3連勝の後4連敗して優勝を逃してしまうのだが。

 当時相撲少年だった自分は稽古納めの席で友達と件の試合で盛り上がっていた。友達の大多数は巨人ファンだった。それから数年後高校生のときに柔道の練習中その年の巨人-西部の話で秋田は圧倒的に巨人ファンが多いことを知った。落合(当時選手)が巨人に移籍したのはその後だったかも知れないが複雑な心境だった。

 今年は昔からファンの中日と修行時代に縁のある北海道の日ハムなのでどっちが勝っても気分がいい。お互い一勝一敗。できればあのころのように7戦全部好試合で盛り上げて欲しい。

|

« シャンソンほどブームという言葉が似合わないものはない。 | トップページ | ピノ・ノワールとタレッジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズにまつわるエトセトラ:

« シャンソンほどブームという言葉が似合わないものはない。 | トップページ | ピノ・ノワールとタレッジオ »