« 2006年4月 | トップページ | 2007年4月 »

2006年10月

2006年10月22日 (日)

日本シリーズにまつわるエトセトラ

Bu_3 今年はスポーツづいているのか分からないがテレビで野球観戦する機会が多い。

 子どものころは親父がビールを飲みながら観てるのを何が面白いのか分からず観たい番組が見れない不満でいっぱいだったのがこの年になってその良さが理解できるようになった気がする。ドラマやバラエティーなど他の番組がつまらなくなったのもあるし最近の野球は展開が予想できて見ていて分かりやすくなったのもあるかもしれない。

 そんなわけで今年は久しぶりに真剣に日本シリーズを観ているのだが思えばこういう気分も小学生のころの巨人-近鉄以来だ。あの当時も今も自分は野球ファンというわけではない。ただある話で近鉄は一度も日本一になっていないというのを知っていたせいかけっこう真剣に応援していた。まあ結局3連勝の後4連敗して優勝を逃してしまうのだが。

 当時相撲少年だった自分は稽古納めの席で友達と件の試合で盛り上がっていた。友達の大多数は巨人ファンだった。それから数年後高校生のときに柔道の練習中その年の巨人-西部の話で秋田は圧倒的に巨人ファンが多いことを知った。落合(当時選手)が巨人に移籍したのはその後だったかも知れないが複雑な心境だった。

 今年は昔からファンの中日と修行時代に縁のある北海道の日ハムなのでどっちが勝っても気分がいい。お互い一勝一敗。できればあのころのように7戦全部好試合で盛り上げて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

シャンソンほどブームという言葉が似合わないものはない。

Bu_2 突然だけど履歴書なんかで趣味の欄に料理や音楽(鑑賞)と書くのって結構抵抗がある。

そもそも料理や音楽やスポーツって趣味というカテゴリーでくくるのは無理があると思う。

 ぼくは料理もよくするし音楽も意識して聴くジャンルがあってスポーツにしても近所の道場に柔道の師範として通っているので(ただし特定の時期だけど)趣味としてプロフィールなり履歴書なりに書いてもいいような気がするけどこれって趣味というよりは生活(ライフ)スタイルなのでは?と思う。

 よく定年退職したサラリーマンが気がついたら仕事ばかりで趣味が何ひとつないなんて話を聞くけどそれって意外と普通のことなのかもしれない。結局のところ趣味なんて言葉はライフスタイルがあいまいな人間が危機感駆られて連呼する言葉なのかもしれない。

 話は変わるけど地元のラジオ番組で毎週土曜の夜に「シャンソンをあなたに」という番組がある。これがなかなか濃ゆい番組で先週なんかもオペラの「誰も寝てはならぬ」を様々歌手のバージョンで1時間枠の番組にもかかわらず10数曲もかけていた。う~ん荒川静香が何回イナバウアーするんだろう。

 とはいうものの自分もひそかにこの番組のファンである。牛舎の中でラジオを聴いているのと仕事の終わる時間帯にこの番組がちょうど放送されることもあって最初のころはパーソナリティーの独特な語り口が苦手だったが今ではすっかりモノマネできるくらいのなになってしまった。

 今年の秋は毎週土曜にワインを買ってきてはこの番組を聴きながら呑んでいるフォークのような歌詞がはっきり聞き取れる音楽が好きな自分としてはシャンソンのような生活感のにおいが染み付いた音楽がどこかしっくりくるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

昔よりつまらなくなったけど秋のGⅠシリーズはやはりワクワクする。

Bu なんといっても今年は飛び石連休みたいなことがない。毎週毎週GⅠがあるのだ。

とはいえディープのような名馬が出てきて今日秋華賞を勝ったカワカミプリンセスだって強いレースで期待感充分だったのに今の競馬に対してなんとなく斜に構えて見てしまうのはけっこうがっかりさせられた思い出が多いからかもしれない。

 馬券を買わない自分にとってはGⅠの週はスポーツ新聞とにらめっこしながらどの馬が勝つか想像を最大限膨らませてレースを見ていたのが最近はなんとなくそれがない。

 今週はそれに輪をかけてディープの年内引退の報でがっかりさせられてしまった。「残りのレース強い勝ち方をすれば気が変わってくれるかも」という武豊のコメントがせめてもの救いか。

 オースミダイドウはディープ以上の成績を残すことができるのだろうか。カワカミプリンセスはこの先どんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。そしてディープはどれだけの観客を競馬場に引き寄せてくれるのだろうか。こんな期待が自分に少しでもある限り日曜の午後3時はテレビの前に座ってしまう。

頼むぞキミたちの活躍が夕方の仕事に左右するのだ!!

秋華賞 終わってみれば オークス再現

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2007年4月 »