« Give me some chocolate | トップページ | Tree Story »

2011/02/21

Amarone

Dscn17681 先日、早々と確定申告を済ませてきました。

e-tax で書類を作るようになってからだいぶ楽になりましたがそれでも提出は税務署に直接出向きます。そして、近くの喫茶店で昼食をとりすぐ先にある母校を前を通って帰る・・というのが毎年のパターンです。今年はセンバツ出場の垂れ幕にニヤニヤ・・

決算書ができると社長(父です)に目を通してもらうのですが今年は「来年の経営分から申告の名義を変えるか」という言葉がポツリと出ました。

いわゆる経営交代ですが具体的にどうなるかというと今の経営者が一旦廃業届を出して専従者へ。今まで専従者だった自分が事業者として新たに確定申告の申請をすることになります。

まあ会計的業務も担っていたし今までの仕事に月々の銀行からの引き出しが加わるぐらいなのですがやはり経営を背負うことになるのでプレッシャーはヒシヒシ感じます。まだ時間もあるのでボチボチ覚悟を決めますか・・

そんな父も先週17日で60歳の還暦を迎えました。企業で言うとそろそろ定年なのでこういう話が出てくるのは当然といえば当然ですね。

当日はアマローネの古酒で乾杯!誕生日ケーキは自家製マスカルポーネのティラミスです。

このティラミス、ときどき無性に食べたくなって作るのですが調べてみるとレシピはイージーなものから本格的な物まで様々。その家その家の味があると言ってもいいような感じです。

今回のはビスキュイ(アーモンドの粉を使ったスポンジ生地)から焼き、エスプレッソとアマレットをたっぷり染み込ませたちょっと本格派。ちなみに自家製マスカルポーネはヨーグルトを絞って出たホエーでリコッタを作り水分の抜けたヨーグルトと混ぜたもの。実はこれがちょっと手間だったりします。

あまりバクバク食べるものではないので家族3人では作りすぎた感じもしましたがその後何組かの来客にお出ししてあっという間になくなりました。時間がたって味がなじむとまた美味しいんです。

アマローネとティラミス。どちらもほろ苦く、酸いも甘いも噛み分けた大人の味(?)。

↓レシピを検索していたらこんな記事を発見!ティラミス好きにはまさに天国!!

イタリア料理翻訳三昧 「ガンベロロッソのティラミス・ベスト10」

|

« Give me some chocolate | トップページ | Tree Story »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65359/50932753

この記事へのトラックバック一覧です: Amarone:

« Give me some chocolate | トップページ | Tree Story »